CHANKA BRIGADE

TZ

Author:TZ
宮崎生まれ、東京に出て、ちょっと大阪。そして現在新潟在住。
CHANKA BRIGADEというイベントをやっています。

QR

    follow me on Twitter
    • template by syokuyou-mogura

    スポンサーサイト

    • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
      新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  

    CHANKA BRIGADE -GUAKA JAPAN TOUR 2011

    • 4月16日(土)18時よりWOODYにてCHANKA BRIGADEやります!

      MANU CHAOやCHE SUDAKA、FERMIN MUGURUZAも所属するスペインのミクスチュア・サウンド&カウンター・カルチャー系アーティストをプレゼンテートする人気ウェブ・サイト、RADIO CHANGO(http://www.radiochango.com/)

      今回はその中でも、多国籍なメンバー構成と、
      繰り出される独特なメスティソサウンドでRADIO CHANGOのなかでも一際異彩を放つバンド




      GUAKA(グアカ)!待望の初来日となります!



      そんな中
      今回起こった東北での震災と原発問題。
      私たちも思うところが多すぎて、開催すべきか本当に悩みました。

      また今回のTOUR全体の企画をしているJAPONICUSも
      今のこんな状況で本当に来日させてもいいものなのかと
      悩み、一度は来日自体を断念しました。


      そんな中、最終的な話し合いで、こんなやり取りがあったそうです。


      以下 ハンサム泥棒 KYOSHOのBLOGから抜粋

      <前略>
      そして、実はその後4/17に予定していた、GUAKA JAPAN TOURも中止が決まっていました。
      国内にいる海外の人達も帰国する中、このような状況で海外からゲストを呼んでイベントをするには厳しいものがあると。

      しかし、メンバーにその事を伝えると、
      「チリの大震災もツアー中に実際に経験した。今、俺たちが日本でライブをしないでどうする?今の日本でこそライブをする意味がある!音楽の力が必要だ。放射能なんかいくらでも浴びてやる」

      と言ってくれたそうです。

      <後略>



      今回の問題は本当に複雑過ぎて、どうしたら良いのか?何が正しいのか?
      更に毎日流れる凄惨な被災地の映像、原発の問題、加えて日々の忙しさも重なり、
      見失いそうになりました。


      ただ熱い思いをもって、この状況で日本にやってくる同士に
      熱い気持ちで応えられないんだったら、
      今まで自分たちが信念掲げてやってきたことって何?って思い

      一度は中止した新潟公演を再度復活させました。



      今までも勿論ですが、ハンパな気持ちではやりません。

      宜しくお願いします!


      2011年4月16日(土) @ WOODY


      CHANKA BRIGADE -GUAKA JAPAN TOUR 2011-


      w/GUAKA(チリ)・EKD・GOOFY KINGLETS

      Guest DJs: 藤井悟 (CARIBBEAN DANDY)・SAUDI (FZMX) ・TXAKO (JAPONICUS)

      CHANKA BRIGADE DJ Set: MASAI・TZ・FUKAMI・SHIN-G・HIROKO・FUJI

      Open/DJs Start: 18:00 / チケット:¥2,000 /¥2,300 (+1D)
      問合せ: WOODY 025-224-4525 / http://www16.ocn.ne.jp/~ls-woody/



      SP GUEST LIVE

      GUAKA from france

      2003年フランスのボルドーで結成されたRADIO CHANGO所属のメスティソロックバンド、GUAKA (グアカー)。 GUAKAとはインカの言語で宝物を意味し、メンバーはチリ人、メキシコ人、フランス人で編成されている。 GUAKAの最大の特徴はメンバーの多文化・多国籍性にあり、ラテンアメリカの豊かな音楽土壌にヨーロッパ最先端のROCKを加えた独自の音楽スタイルは、チリ・ベネズエラ・メキシコ等の南米の国々は勿論、バスク・スペイン・フランス・スウェーデン・デンマーク・ベルギー等の北欧の国々でも支持されている。 彼らのアルバム、「GUAKTRON」は前半はROCK色が強いが、後半からはMESTIZO・ROCK LATINO・SKA・CUMBIA等の音楽性が表現されており、彼らのルーツを存分に感じられる素晴らしい作品だ。 過去にはCHE SUDAKA・SERGENT GARCIA・ROY PACI & ARETUSKA・CHICO TRUJILLO・JARABE DE PALO・MALA VITA・EKD・CARIBBEAN DANDY・ 等と共演。 現在、音楽活動を通して南米のマプチェ民族の支援を行っているほか、チリの大震災の被災地への支援活動にも力を入れているという彼ら。 CHE SUDAKAと共にヨーロッパメスティソ音楽シーンを引率した革命世代、GUAKAの初来日を見逃すな!

      guakabandcopiecopie.jpg

    2011/03/26/ 14:07 未分類 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

    BACK / HOME

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。